ニードルノーズプライヤーによる安全なワイヤ切断手順

ピンチノーズとロングノーズペンチとも呼ばれる針先鼻プライヤは、配線プロジェクトで使用される非常に一般的なツールです。通常、このツールは電線を必要とする電気プロジェクトに携わっている電気技師またはDIYユーザーによって使用されます。ニードルノーズプライヤーは通常、小さなワイヤーをつかむために使用されますが、ワイヤーの切断にも使用されます。このツールを使用してワイヤを切断する場合は、安全に関する注意事項と手順を覚えておいてください。

ニードルノーズプライヤーは、さまざまなタイプのカットに対応するために、異なるカッティングエッジの角度で提供されます。選択肢は通常3つあり(標準、セミフリッシュ、フラッシュ)、電気プロジェクト用のペンチを購入する前に、これらの3つをメモするのが最善です。名前は、切断後にワイヤ先端に残るピンチの量を表すために実際に使用されます。

仕事に最適なプライヤーの選択

標準の切れ刃角度は、ワイヤに伝達されているショックや切削後のワイヤ先端に残ったピンチにはあまり敏感でないワイヤカット用途に最適です。セミフリッシュなカッティングエッジは、伝達される衝撃を低減するために使用されます。フラッシュエッジは、通常、送信される衝撃を最小限に抑える必要があるアプリケーションに使用されます。

ワイヤーを切断する前の安全準備

ワイヤを切断するときは、すべてのワイヤーカットアプリケーションが任意の針ノーズプライヤーで安全に行うことができるわけではないので、上記の情報を考慮することは安全です。フラッシュカッターは、きれいなカットを生成し、他のタイプよりもコスト効率の高いカットを提供するため、使用するのが最適です。加えて、これらの切れ刃は、ワイヤを通る衝撃を最小限に抑え、飛散した破片の多くの発生を低減する。しかし、セミフラッシュエッジは、電子組立作業で使用すると、より安全であり、コスト効率がはるかに優れています。

切断作業中

金属線を切断する前に、目の保護具を着用してください。ニードルノーズプライヤーにはフラッシング刃が付いていますが、カッティングプロセスによってカットワイヤが飛散しない保証はありません。常にそのような事件から目を保護する。切断作業の前に、必ず切断刃を点検することをお勧めします。彼らが十分に鋭い場合、これは間違いなく事故を減らすでしょう。

ニードルペンチのクッションハンドルは、使用者を感電から守るための保証ではありません。電流が流れているワイヤを、低電流でも高電流でもカットしてはいけません。ワイヤ切断作業を行う前に、まず電源をシャットダウンしてください。

力の伝達はワイヤカットの安全性に関わっている。ワイヤを切断するときは、ペンチのハンドルをきちんとしっかりとつかむことが重要です。あまりにも速く切らないように注意してください。ワイヤーを切断するのに十分なだけ力を軽くハンドルに加えます。ハンドルに無理な力を加えないでください。切断部分がランダムな方向に飛び散る可能性があります。そうでない場合は、少なくとも事故を防ぐために短い端を保持してください。