ビデオ編集用に推奨されるコンピュータ仕様

コンピュータをビデオ編集に使用するには、リアルタイムビデオを処理できる設定が必要です。レンダリングビデオには特定の仕様が必要です。ビデオ編集が目的ならば、ラップトップワークステーションではなくデスクトップ設定を使用することをお勧めします。デスクトップは、必要なプラグインに関しては作業が簡単です。

あなたのコンピュータが持っている仕様は、セットアップと同じくらい重要です。 Macはビデオや広範なオーディオデータを処理する能力があることで知られています。 Final Cut ProのようなソフトウェアはMacとのみ互換性がありますが、Pro Toolsのようなオーディオエンジニアリングプログラムはその機能を最大限発揮します。最上位のビデオ編集ソフトウェアと1.25 GHzのデュアルコアプロセッサを実行するには、最低2 GBのRAMが必要です。あなたは非常に多くのデータを扱っているため、ハードドライブに55 GB以上のGBが必要です。最良の結果を得るには、これらの数値を2倍にする必要があります。さもなければ、ビデオ編集のプロセスは非常に遅くなるでしょう。

ビデオ編集のためのコンピュータ仕様

PCの場合、少なくとも4 GBのRAMが必要です。少なくとも160 GBのハードドライブスペースが必要です。 Macはビデオ編集の方が優れていますが、PC愛好家にとっては何かが可能です。特に、カスタムハードドライブと負荷を処理できるプロセッサがあれば可能です。