真鍮のバットヒンジの長所と短所

真ちゅうのつまみヒンジは、おそらく家庭に今日設置されているドアヒンジの最も一般的なタイプです。それは真ん中のジョイントで支えられた2枚の葉を使う単純な装置です。真鍮のバットヒンジを使用することには利点と欠点があり、この記事では両方について説明します。

真ちゅうボタンヒンジの最も明白な利点の1つは、幅広いアベイラビリティと、特定のアプリケーションで利用可能なさまざまなタイプです。真鍮製のヒンジは、さまざまなタイプのドアに使用するために、さまざまなサイズと厚さで購入できます。

真鍮のバットヒンジの長所

真鍮のバットヒンジはまた、特定のドアの設置に多かれ少なかれ適しているように、いくつかの異なるデザインになっています。例えば、真ちゅう製のヒンジは、コッタピンの代わりにボールベアリングを使用し、非常に重いドアに適しています。また、ドアを閉じたときにヒンジをアクセス不能にするセキュリティーバットヒンジもあります。

真鍮バットヒンジの短所

最後に、真ちゅうのつま先ヒンジは非常に魅力的であり、出入口の開口部に良好な視覚的コントラストを加えることができる。

おそらく真ちゅうのつまみヒンジの最大の欠点は、凹んだ開口部をドアとドアの戸袋に切断しなければならないということです。したがって、木材をほとんど入れない中空の戸や戸棚には適していない可能性があります。

黄銅バットヒンジの別の潜在的な欠点は、黄銅表面が、時には汚れて目に見えないようにするために、洗浄および研磨を必要とすることである。