クラッチペダルの交換

クラッチペダルは、すべてのトランスミッション車両に標準装備されています。ペダル自体は、実際には車両の中心に向かって延びる水平軸に取り付けられたクラッチシステムの一部である。クラッチペダルは、単に運転者の左足の下に配置されたこの機構の目に見える延長部である。ペダルが踏み込まれると、クラッチが切断され、トランスミッションとリアアクスルへの動力の流れが中断されます。クラッチペダルはギヤをシフトするために完全に押し下げられなければなりません。

クラッチペダルは通常、車両の非常に耐久性のある部品です。しかし、機械的部品と同様に、摩耗や裂傷も要因です。これは、古いモデル車で特に当てはまります。摩耗または損傷したクラッチペダルを交換するには、適切な工具を使用する必要があります。

ステップ1 – 古いクラッチペダルを取り外す

クラッチペダルを取り外すには、まずクラッチペダルを軸に固定しているピンを外します。ペンチの頭を使ってピンの一端を軽くたたいてから、ピンが十分になくなった後に引き抜くことができます。

ステップ2 – クラッチケーブルを取り外す

次に、クラッチコントロールシャフト(クラッチペダルを保持するシャフト)をクラッチケーブルが緩くなるまで時計回りに回します。ケーブルのクラッチアームの端にあるレンチでケーブル調整ナットを外し、プライヤーでケーブルを前後にしっかりと引きます。クラッチケーブルは、トンネルハウジングの内側に溶接されたチューブを通過する。

ステップ3 – クラッチを調べる

クラッチケーブルをトンネルハウジングの後部入口にあるチューブに挿入してケーブルを固定し、ナットを調整してクラッチリリースレバーを離します。フックをクラッチケーブルの端に取り付けることができるように、クラッチ制御シャフトを回転させます。ロッドを使用して、クラッチコントロールシャフトフックの上にケーブルを押し下げます。車の前部からトンネルハウジングを通ってこれに到達する必要があります。

ステップ4 – クラッチペダルを取り付ける

クラッチペダルをクラッチアセンブリから完全に外す必要があります。この機会にクラッチケーブル、ピン、ナット、ボルト、ワッシャを調べます。慎重にクラッチケーブルを調べ、ケーブルの長さに沿って極端に摩耗した領域がないかどうかを確認します。小さな部品を精査し、探す

ステップ5 – ペダルをテストする

過度の錆や摩耗、裂傷。必要に応じてこれらの部品を交換してください。次に、クラッチアセンブリを調べます。ペダルを固定するナットとボルトを保持するスロットには特に注意してください。これらの領域に潤滑油を塗布します。これは、機構の最も厳しい領域です。

新しいクラッチペダルをクラッチコントロールシャフトに取り付け、ロックピンで固定します。クラッチシャフトサポートブラケットをクラッチシャフトに取り付け、2本のキャップスクリューで固定します。すべての接続部品がしっかりしていることを再度確認します。

それを数回押してください。エンジンを始動し、慎重にギアを最初に(または逆に)切り替えます。クラッチが外れたときのペダルの位置に注意してください。高すぎたり低すぎたりしてはいけません。あなたがクラッチがうまくセットされていると確信している場合は、スピンのために車を出す。クラッチとギヤをフルに活用できるドライブ