鉄筋コンクリートスラブ:鉄筋と鉄筋

鉄筋コンクリートスラブは耐久性があります。建物や家屋からのすべてが鉄筋コンクリートスラブの上に建てられ、さらにいくつかの庭園やプールもそれを利用します。コンクリートで作業するときは、コンクリートを補強するときに2つの一般的な選択に直面します。第1は鉄筋を使用し、第2は鉄骨を使用しています。以下の情報は、これらの強化技術の両方に対処します。

鉄筋コンクリート板をどれだけ厚くしたいかによって、どの製品が補強に最適かが決まります。スラブの厚さが1フィート未満の場合、鉄筋が垂直方向に最もよく使用されるため、スチールメッシュが最適です。

コンクリートの厚さ

鉄筋は強く、コンクリートを補強するために平らに置くことができ、まっすぐに立つことができます。同じことがスチールメッシュにも当てはまります。鉄筋が鉄筋にないことの1つは、それを形作る能力です。

オリエンテーション

1つの問題は、鉄筋またはメッシュを配置することです。鉄筋コンクリートスラブの作成とは、コンクリートを注ぐことを意味します。スチールメッシュを使用している場合は、コンクリートの中心に留まる場合にのみ有効です。補充する前に鉄筋を地面に掲示することができます。

配置の難しさ