コンクリートの歩道を注ぐ準備をする:5つのヒント

コンクリートの歩道を注ぐ際に初心者の方は、これらのヒントを参考にして、一般的な間違いを避けて、スムーズにプロセスを進めることができます。

コンクリートを注ぐことについて誰でもあなたに伝えることができる最も重要なヒントの1つは、一貫してそのレベルを保つことです。このヒントは、計画段階の初めからコンクリートの注入終了までに適用されます。あなたは、歩道のためにコンクリートを注ぐ予定のエリアが清潔で水平であることを確認しなければなりません。汚れや破片があると、不均一な最終製品が生じる可能性があります。そこにある土壌は、すくいで平らにすることができます。あなたが注ぐ間にセメントがどこにいても確実であることを確認したいと思っています。仕上げをするときには、乾燥する前に完成品を平らにしておきます。

ヒント1 – それを維持するレベル

歩道がどのように見えるかを計画しているときは、形状と面積を何回か測定することを確認したいと考えています。それで、すべての測定値を使ってデザインとレイアウトを知ったら、スプレー塗料を缶に入れ、望む歩道の輪郭を描くことができます。これは、プロセスをできるだけ簡単にするためです。

ヒント2 – 測定とマーク

多くの人々が考慮しない専門家からの1つのヒントは、砂利の層を追加することです。これは、あなたが歩道を横たえたい土壌に適切な排水量がないときに行われます。砂利のレイヤーを追加することで、そのエリアから水分を排出させることができ、コンクリートはより長くてよりよく保持されます。

ヒント3 – グラベルを追加

円形の鋸を使って、6つまたは8つのストリップのMasoniteを切断することができます。あなたは、マソナイトが置かれているように、すべての足または足と半分についてステークを土壌に挿入していることを確認したい。あなたの歩道の設計のために描いたアウトラインの周りにこれらのステークを挿入します。あなたはあなたがあなたのデザインの形にそれを変えるように進むにつれて、あなたはMasoniteで屈曲することができます。

ヒント4 – フレームの構築

多くの人々は、このプロジェクトを完了するときに実際に行うよりも多くの時間を持っていると誤って考えます。あなたは確かにあなたが行くようにコンクリートを水平にする時間がありますが、あなたはまた、先を計画していることを確認し、あなたの次の動きを知っているので、時間を無駄にしないで間違った点。このタイプのプロジェクトでは、急いでミスをするために、すべてのことを確実に行うための計画を立てるほうがずっと良いです。

ヒント5 – 時計あなたの時間

これらのヒントは、次のプロジェクトで歩道を築く際に役立ちます。がんばろう!