ガレージドアのキーレスエントリーパッドを再プログラムする

セキュリティをさらに強化するために、多くの家庭にガレージドアキーレスエントリーシステムがインストールされています。通常、これらのシステムはプログラム可能なパスワードを備えたキーパッドで構成されており、盗難からさらに保護されています。キーパッドが紛失または盗難された場合は、ガレージドアのキーレスエントリーパッドのパスワードを変更することをお勧めします。これらの簡単な手順に従って、入力パッドをすばやく再プログラムします。

ステップ1 – マニュアルを確認する

ガレージドアのキーレスエントリーパッドを再プログラムする最初のステップは、オーナーズマニュアルを確認することです。多くの場合、これらのマニュアルにはパッドの再プログラミング方法が段階的に説明されています。

ステップ2 – アクセスコード

すべてのメーカーのガレージドアのキーレスエントリーパッドはわずかに異なりますが、まだデバイスを再プログラムする一般的なプロセスがあります。

保護ケーシングを裏返した後、アクセスコードを挿入します。このアクセスコードは、通常、パスワードを変更できる3桁の番号です。このアクセスコードはすべての企業で異なるため、オーナーズマニュアルを確認するか、製造元に問い合わせてコードを尋ねる必要があります。

ステップ3 – ログイン

アクセスコードを正常に入力すると、古いパスワードを入力する必要があります。これは、パスワードを変更するユーザーが実際の所有者であることを確認するための非常に有用な安全対策です。ただし、以前の内容を覚えていないため、パスワードを再設定しようとするユーザーもいます。このような場合は、製造元に連絡してください。

ステップ4 – 新しいパスワードを入力する

次のステップは、新しいパスワードを決定することです。パスワードを変更したい場合は、単に入力し、デバイス上で「Enter」または「OK」を押してください。

あなたのガレージドアのキーレスエントリーパッドを再プログラミングするのは、困難で長いプロセスであってはなりません。途中で問題がある場合は、製造元に連絡してください。