バックドラフトダンパーの賛否両論

屋内空気の質を向上させる方法を模索しているなら、バックドラフトダンパーを試してみてはいかがですか?これは、家屋のダクトシステムに取り付けられる便利な装置です。外からの空気が家に入るのを防ぎながら、一方向のみの気流を可能にします。ダンパー内のブレードは、空気が家から出て一方向に流れることを可能にするために、重力または特別なばねによって作動させることができる。

以下は、デバイスを使用するメリットとデメリットです。

バックドラフトダンパーを使用する利点

ダンパーは静かにその役割を果たし、それは便利な家庭用機器になります。市販されているバックドラフトダンパーのほとんどは、取り付けが簡単です。最低限の労力と時間を使って通気システムに簡単に収めることができます。これにより、専門家を招集してインストールする必要がなくなり、節約できます。

短所

ダンパーはまた、ダクトネットワークに完璧なフィット感を見つけるのを容易にする様々なサイズで利用可能です。バックドラフトダンパーは優れたサービスを保証しています。スプリング、メタルゲージ、その他のコンポーネントは、素敵な頑丈なユニットを作るためによく組み立てられています。ダンパーが変形したり破損したりすることはありません。

バックドラフトダンパーは、家庭の換気において非常に多彩な機能です。彼らは効果的に、特に冷たい天気の間に冷たい空気が家に浸透するのを防ぎます。ダンパーのベントモーターは、家庭の換気を改善するための優れた機能です。料理の臭いが耐え難くなったり、家庭の空気が渋滞したりする場合は、単にベントモーターをより高いレベルに調整します。それはまた、家の様々な部分の圧力バランスをとるためにも使用できます。

ほとんどの家庭で利用できるさまざまな家庭用暖房機能により、空気のバックドラフトは頻繁に問題になります。ダンパーは、バックドラフトを防止しながら、家の中の様々な加熱源から熱い空気を放出するのを助ける。これは、煙突、屋根裏部屋、洗濯室または炉室内の空気流を改善するための便利な機能であり、空気がしばしば渋滞するようになっています。場合によっては家が空き状態になっている場合、屋内の空気が時折陳腐やかすれになることがあります。これは、休暇中に家が空いているときに起こります。または、おそらく家にはあまり使われていない部屋がいくつかあります。ダンパーは、屋内に停滞している空気を爽やかに保ちながら、外気による家の中への逆流を防ぎます。

ダンパーは冷たい空気を外部に保つのに役立つかもしれませんが、冷たい空気が屋内で歓迎されるとき、これは制限されるかもしれません。これは、ダンパーが一方向のみの空気の流れを促進するように設計されているためです。ダンパーは、夏の間に冷たい空気を利用するのを助けることができません。

さらに、ダンパーは、作業のために家庭用換気システムに組み込む必要があります。通気システムを変更する必要がある場合は、適切なダンパーを取らなければなりません。