注ぎ込まれたコンクリート壁とコンクリートブロック

同じ基本成分から作られていますが、注ぎ込まれたコンクリート壁とコンクリートブロックで作られた壁の間にはいくつかの重要な違いがあります。前者は半流動状態で予め造られた形態に注がれ、次いで硬化して固体のモノリシックコンクリート壁を形成する。後者は、モルタルと結合され、レンガ造りの石積みに使用されるのと同様のパターンで組み立てられたコンクリートの石積みユニット(CMU)からなる。注ぎ込まれたコンクリート壁は型枠の建設を必要とし、したがってより労働集約的である。また、追加の作業を行う前に硬化プロセスを完了しなければならないという点で時間がかかります。しかし、コンクリート壁は耐荷重性に優れている。また、多目的であり、型枠の大きさと形状によってのみ制限されています。中実コンクリート壁は漏れの影響を受けにくく、コンクリートブロック壁には亀裂が発生する可能性がより高い。それぞれの壁タイプの構築方法の比較を以下に示します。

ツールと必要な材料

注ぐコンクリート壁

コンクリートブロック壁

ステップ1 – フォームを作成する/資料を集める

注ぐコンクリート

型枠を構築する。水平のフォームボードの長さは2フィートの倍数でなければならず、合板シースは4フィートの幅のシートに取り付けることができます。 2 x 4の垂直ブレースが壁に沿って2フィートごとに設置され、それから斜めに支えられます。コンクリートが注がれると壁の厚さを均一にするために、壁の形はスプレッダーブロックとタイ線で補強されています。

コンクリートブロック

モルタルの量と壁の構築に必要なブロックの数を計算します。コンクリートブロックは、4インチから12インチの幅の単位で製造されるが、最も一般的に使用されるブロックは、8インチ×8インチ×16インチの寸法を有する。

ステップ2 – 鉄筋を取り付ける

注ぐコンクリート

特にコンクリート壁および基礎壁は、金属棒または鉄筋で補強されることがあります。コンクリートの壁には一定の間隔で垂直ロッドがあり、フットウイングは水平方向に補強が行われます。すべての補強は、フォームが作成された後、コンクリートが注がれる前に設定されます。

コンクリートブロック

水平補強は、通常、第2コースまたは第3コースごとに設置された小さな直径のスチール「はしご」またはウェブで行うことができます。壁が所定の位置に配置された後、垂直補強を加えることができる。標準の8インチブロックに内蔵された中空コアにより、グラウトに埋め込まれた鉄筋が垂直軸に挿入され、コアが整列したときに得られます。

ステップ3 – 壁を作る

注ぐコンクリート

3または4フィート以上の高さからコンクリートを落としたり、注ぎ込んだり、分離したりしないでください。コンクリートはフォーム全体に均等に広げ、手で吊るすか、機械的に振動させて閉じ込められた空気を取り除く必要があります。

コンクリートブロック

ブロックは、他のすべてのコースの垂直継ぎ目が整列するように、ストレッチャーパターンでコースに配置されます。各コースが敷設された後、全体の高さを測定し、壁が水平で垂直になっていることを確認します。各コースは、3/8インチのモルタルジョイントを含め、壁に8インチの高さを追加する必要があります。

注ぎ込まれたコンクリートは約1週間で最終的なセットを達成し、その後フォームを取り出して再利用することができます。コンクリートブロックは、モルタルが追加の負荷を負担するのに十分に強くなるように設定するだけでよい。