メタルワークテーブルの長所と短所

現代的でスタイリッシュな部屋の一部として金属製の作業台を使用することはできますが、何を期待するかについていくつかの研究を行うことはまだ有益です。そのようなテーブルのポジティブとネガティブを理解することによって、あなたがあなたのために働くかどうかについての決定をすることができます。

金属製の作業台は、しばしば水で湿らせた布で拭くだけでなく、より頑固な痕跡のために少し白い酢を加えるだけで簡単に清掃することができます。あなたはそれを保護するために木材で必要とされるような作業をする必要はなく、シロアリなどの害虫の影響を受けません。また、色を変更したい場合は、金属用に作られた専門の塗料を多くのハードウェア店で見つけることができます。

メンテナンス

直射日光の当たる場所に金属製の作業台を置かないでください。熱がこもり、作業をするのが不快になります。さらに、テーブル上にある物品に熱が伝達され、使用するのが不快になります。

使用される金属の種類によっては、金属製の作業台が木製の作業台よりも重くなり、必要に応じて移動して新しい場所に移動しやすくなります。

重量

金属製の作業台に支えられている傷や傷は、修理が困難であることがわかります。修復されたパッチが常に目立つため、傷や擦り傷は金属製のスプレーで覆い隠すことができますが、金属製のものは完璧ではありません。ディッシングやうねりが相手側から打ち消される可能性はありますが、修理作業が専門のツールを持つ専門家によって行われない限り、完全に滑らかに見えることはまずありません。引き出しとランナーを含むテーブルは、過度に使用されるとすぐに着用できる多くの備品と継手を使用します。引き出しが過負荷になって金属が引き伸ばされると、修復して元の強度に戻すことができなくなります。

損傷

金属作業テーブルの形状と仕上げは、それが配置されている部屋のためのモダンなスタイルを提供します。それは同じスタイルで様々な装飾に一致することは簡単です。しかし、より伝統的な装飾を作りたいと思っているならば、他の材料はもっと限られており、より有用になります。

スタイル

金属製の作業台を構築する方法は、しばしば鋭い角を含むことを意味する。これらはゴムやプラスチック製の継手で覆うことができますが、落下したり外れたりすると、危険なエッジが露出したままになる可能性があります。この結果、捕まった物品に損害を与えるだけでなく、接近した人に害を及ぼすことがあります。金属の可鍛性は、金属が十分に厚くない場合、他の材料よりも頑丈でないことを意味する。過負荷または偶発的に衝突した場合、これはボーイングや窪みの原因となります。

建設