剪定木 – 剪定へのアプローチ

スーザンはマスターガードナーであり、持続可能な生活研究者です。栄養と全食物と健康に関する豊富な知識を背景に、スーザンは家族の健康を改善しながら二酸化炭素排出量を削減する持続可能な生活習慣を取り入れています。

若い木を剪定する際には、強い構造を作ることが重視されるべきです。樹木が成熟するにつれて、枝刈りの目的は樹木の構造、形態、健康および外観を維持することに移行する。

クラウン・シニング

ヒント:私たちの専門家のガーデニングアドバイザー、スーザン・パターソンは、「若い木を剪定するのを避けてください」と警告します。

クラウンレイズ

1つの枝または小枝が別の分岐または小枝に接続するノードで、適切な切り取りカットが作成されます。春には、芽で成長が始まり、新しい節が形成されるまで小枝が成長する。ノード間のブランチの長さはノード間と呼ばれます。

クラウンリダクション

ヒント:Susanは、「常にきれいで鋭いプルーニングツールを使用する」ことを推奨します;最も一般的なタイプのプルーニングは次のとおりです。

主に広葉樹のためのクラウン間伐は、樹木のクラウン全体の光の浸透と空気の移動を増加させるための枝の選択的除去である。その目的は、木の構造と形態を維持したり、発展させたりすることです。不必要なストレスを避け、腸間膜小芽の過剰産生を防ぐために、生きた冠の1/4を一度に除去する必要があります。より多くを除去する必要がある場合は、それは連続して行う必要があります;図1.クラウン間伐 – 除去されるブランチは青で塗りつぶされています。生きた枝の1/4以下は一度に取り除かなければなりません(右の図)。強いU字型の取り付け角度の枝を残すべきである(図2A)。狭い、V字形の取り付け角度を有する枝は、しばしば樹皮を形成し、除去されるべきである(図3B)。 2つの枝が互いに対して急な鋭角で成長し、それらの間に内側に圧延された樹皮のくさびを生成する場合、樹皮を含む。含まれた樹皮は、枝の強い付着を防ぎ、枝が出会う場所の下の点にしばしば亀裂を引き起こす。ほぼ同じ大きさで同じ位置から生じる交配茎はしばしば樹皮を形成する。共存する茎から側枝のいくつかを除去することにより、他の茎が支配的になるのに十分な成長を減少させることができる。

側枝は、取り付けの点でステムの直径の1/2〜3/4以下でなければならない。すべての内側の枝と葉を取り除くことによって生じる、枝の端で枝の房と葉の「獅子の尾」を作ることは避けてください。ライオンの尾は、日焼けして、枝の多い芽を出し、枝の構造と脆弱性を弱める可能性があります。他の枝をこすったり交差する枝は取り除かなければなりません;渦巻きと冠状冠に枝を持つ針葉樹は、支配的な指導者を回復することを除いて、まれに冠薄化を必要としません。時には、樹木のリーダーが損傷し、複数の枝が共存することがあります。強力なリーダーを選択し、競合する枝を削除して、優性幹の発生を防ぎます。

クラウン育成とは、歩行者、車両、建物、敷地境界線、または木材生産のための明確な幹を開発するために、樹冠の底から枝を取り除くことです。また、白い松の下の枝を取り除くことで、ブリスター錆を防ぐことができます。街路樹の場合、最低限のクリアランスは、しばしば市町村条例によって規定されています。刈り取り後、生きた冠の総樹高に対する比率は少なくとも2/3でなければならない(例えば、12m樹は少なくとも8m以上の生存枝を持つべきである);若木では「一時的」枝はテーパーを奨励し、樹木の荒れや太陽からの守りを保護するために茎に沿って保持されています。一時的な枝として選ぶべきではなく、茎に沿って約10〜15cm離れたところに置くべきである。図3クラウン育成 – 除去される枝は青色で網掛けされ、剪定切れは赤い線で示されている場所に作られなければならない。生きた冠の総樹高に対する比率は少なくとも3分の2でなければならない。

クラウンリダクションプルーニングは、許可されたスペースでツリーが大きくなりすぎた場合に最もよく使用されます。このメソッドは、ドロップクロッチプルーニングとも呼ばれ、より自然な外観になり、プルーニングが再度必要になる前に時間が増え、ストレスが最小限に抑えられるため、トッピングよりも優先されます(次のセクションのクロッチカットを参照してください)。クラウン低減プルーニング、最後の手段の方法は、しばしば腐敗につながる可能性がある茎への大きな剪定傷をもたらす。このメソッドは、ピラミッドの成長フォームのツリーでは使用しないでください。もっと良い長期的な解決策は、木を取り除いて、利用可能なスペースを超えて成長しない木で置き換えることです;図4.クラウン上昇 – 除去される枝は青色で陰影付けされ、剪定切れ目は赤色ライン。生きた冠の総樹高に対する比率は少なくとも2/3でなければならない。