パワーウインドウの修理:壊れたレギュレータの交換方法

パワーウインドウ修復には、上下に正しくスライドしていないウインドウ、またはスタックして移動を拒否するウインドウの非常に様々な問題に対処する必要があります。パワーウィンドウの問題の大部分は、レギュレータを見て、正しく動作するかどうかを調べることで解決できます。そうでない場合は、新しいものに置き換えることができます。ただし、レギュレータの交換手順全体でどのコンポーネントを扱うかわからない場合は、プロセス全体が複雑になる可能性があります。ここでは、プロセス全体を理解するのに役立つステップバイステップのガイドがあります。

まず、ドアにあるプラスチック製のアクセスパネルとネジ穴のあるカバーをすべて取り外します。

ステップ1 – アクセスパネルを削除する

コントロールスイッチパネルは、マイナスドライバーのようなやや尖っているがフラットなツールを使用して取り外す必要があります。そのトリックは、ドライバーをパネルの下にスライドさせ、パネルが外れるまで(破損することなく)パネルを押し上げることです。ドアパネルにパワーウィンドウコントロールが埋め込まれているため、すべての車にスイッチパネルが搭載されているわけではありません。

ステップ2 – コントロールスイッチパネルを取り外す

スイッチパネルを取り出したら、コネクターの安全をゆるめて電気コネクターを取り外します。

ステップ3 – 電気コネクタを外す

次に、ドアパネルのすべてのネジおよび/またはドアパネルのボルトを取り外します。いくつかのボルトはプッシュ式で、スクリュードライバーのような工具は必要ありません。すべてのパネルボルトを取り外したら、残りの電気コネクタを外し、ドアパネルを静かに取り外します。

ステップ4 – ドアパネルを取り外す

ほとんどの車にはドアパネルの内側にプラスチックの絶縁カバーが付いています。そのプラスチック製のカバーを引き離して、ドアと窓の内部の電気的動作を暴露します。

ステップ5 – プラスチックカバーを取り外す

パワーウィンドウの修理作業では、電気コネクタを取り外すことが非常に重要です。ここで、パワーウィンドウモーターは、通常、光沢のある金属箱のようなものであり、容易に識別することができる。電気コネクタを取り外します。

ステップ6 – パワーウィンドウの電気コネクタを解放する

ステップ7 – テープ・ウィンドウ

レギュレータの構造とレールを取り外す前に、窓にテープを貼り付けてください。外から、マスキングテープを使用して窓を車の上部にテープで固定します。これにより、レギュレータを交換する際にウィンドウが所定の位置に保持されます。レギュレータージョブの後に、構造全体に合わせてウィンドウを調整しないようにします。

このステップは今かなり簡単です。ウィンドウレギュレータパネルをドアパネルに接続しているすべてのネジとボルトを緩めて、ウィンドウレギュレータ構造を外します。この構造には、レギュレータとモーターマウントレールが含まれます。レールを慎重に取り外し、ドアのレギュレータケーブルから取り外します。

古い取り外したレギュレータ構造を新しいものと比較して、すべての取り付けボルトとウィンドウモーターが同じ位置にあるかどうかを確認します。ドアに新しいウィンドウレギュレーターを取り付け、古いものを取り外すために行った手順を逆にします。ドアパネルを元の状態に戻してください。あなたは終わった。

ステップ8 – ウィンドウレギュレータの取り外し

ステップ9 – 新しいレギュレータをインストールしてジョブを終了する