剪定木 – 有害な習慣

スーザンはマスターガードナーであり、持続可能な生活研究者です。栄養と全食物と健康に関する豊富な知識を背景に、スーザンは家族の健康を改善しながら二酸化炭素排出量を削減する持続可能な生活習慣を取り入れています。

トッピングと転倒は、木に害を及ぼし、使用すべきではない剪定慣行です。クラウンリダクションプルーニングは、樹冠の大きさや高さを減らすのに好ましい方法ですが、めったに必要とされず、めったに使用しないでください。

不正なプルーニング方法

ヒント:私たちの専門家のガーデニングアドバイザー、Susan Pattersonは、「新しく樹木を植えてはいけません。」;図1図2;樹木の高さを減らすために、ノード間に大きな直立枝を剪定するトッピングが行われることがあります。 1)。チッピングは、クラウンの幅を減らすために、節点(図2)間の側枝を切断することです。これらの方法は、必ずしも腸内発芽を引き起こすか、下の次の側枝に切断された枝の死を招きます。これらの腸内発芽は、茎に弱く付着し、最終的には腐敗した枝によって支持される。

悪いプルーニングカット

不適切なプルーニングカットは、不必要な怪我やバークリッピングを引き起こします(図3)。フラッシュカットは茎組織を傷つけ、腐敗を引き起こす可能性がある(図4)。スタブは創傷の遅延を抑制し、形成層を死滅させて傷口形成を遅延または防止する穿孔菌に入ることができる(図5)。