あなたの庭のプレキャスト具体的なステップを注いだ

プレキャストコンクリートステップは工場環境で製造されるが、注ぎ込まれた具体的ステップは現場で作成される。これらの方法のそれぞれには長所と短所があります。あなたの庭用の2つのオプションの間で決定しようとしている場合、考慮すべき要因のいくつかは、耐久性、外見、コストおよび利便性を含みます。注湯とプレキャストの具体的なステップの主な違いのいくつかを以下に説明します。

注ぎ込まれた具体的なステップが現場で生成されます。つまり、コンクリートを混合して庭に注ぐ必要があります。天候条件が適切であり、コンクリートが適切に硬化されれば、ステップは比類のない耐久性および強度を有するであろう。多数のデザインやルックから選択することもできます。注ぎ込まれた具体的なステップは、経済的で長期間続く。現場で調整や変更を簡単に行うことができるため、このオプションは非常に柔軟になります。

注ぎ込まれた具体的なステップ

注ぎ込まれた具体的なステップの欠点の1つは、インストールの複雑さと長期間です。あなたの庭はコンクリートが混合され、所定の場所に注がれているときにかなり乱雑です。生成されるほこりは、短期間問題を引き起こすこともあります。階段を注ぐと、多くは天気に左右されます。コンクリートは乾燥した天候でのみ適切に治す。これは、冬の雨や雨の日には、注ぎ込まれた具体的な手順が良いアイデアではない理由です。コンクリートが濡れたり凍ったりすると、硬化プロセスが影響を受け、コンクリートの強度に影響を与えます。

プレキャスト具体的なステップ

これらのステップは制御された工場環境で製造されるため、硬化プロセス中の制御は非常に重要です。コンクリートをスラットや鋳型に注ぎ込んだら、コンクリートを設置する準備ができるまで注意深く監視する。準備ができたら、設置場所に運び、クレーンなどの機械を使用して設置します。プレキャスト具体的な手順は非常に簡単にインストールできます。実際には、時間のほんのわずかで作業者の数が少なく、コンクリートを注入するよりも少ないため、設置コストを節約できます。

プレキャストの具体的な手順は、いくつかのデザインやテクスチャ、さらには大理石のような模様の石でもご覧いただけます。アンチスリップレイヤをインストールして安全性を高めることもできます。ほとんどの場合、階段は1つの大きな部分として設置されています。これは、弱体化する可能性の低い頑丈な構造を作ります。プレキャストの具体的な手順のコストは通常​​高いですが、通常は長期間に亀裂が発生する可能性が低いため、コスト効率が高いことがわかります。

プレキャストの具体的な手順は、リサイクルされた材料を製造プロセスに組み込むため、環境に優しいと考えられています。また、製造プロセスが慎重に制御されるため、無駄が最小限に抑えられます。

正確なサイト評価と測定は、プレキャストの具体的な手順にとって重要です。測定値に誤りがある場合は、設置が大幅に遅れ、費用も高くなります。プレキャストの具体的なステップは中空になる傾向があり、固体の注ぎ込まれた具体的なステップよりもいくらか耐久性が劣ります。